袋帯 西陣織 立枠牡丹文

¥ 286,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

西陣織の織元、帯屋河合康幸の唐織袋帯 能楽立枠牡丹文です。

【唐織】
濡れ緯糸という濡らしたよこ糸で織る唐織の袋帯です。引き締まった張りのある生地に太い緯糸で柄を織り上げ文様がより強調されています。

【文様 意味・由来】
立枠は立涌などとも記し、一定間隔で波打つ曲線の凸凹を向かい合うように交互に組み合わせてできる柄で、水蒸気が立ち上るさまを意匠化したものとも言われています。その立枠に花の王ともいわれる牡丹を合わせた品格のある袋帯です。

帯の素材
シルク80%以上 指定外繊維20%未満
*シルク以外の素材について:指定外繊維は光沢のある金属糸や箔の台紙に使われております。

ご注文をいただいてから、お仕立てのため発送まで2週間程度お時間をいただきます。ご了承ください。

※西陣織って、どんな織物?
https://kyo-obi-nishijinya.com/summary/detail/2

※袋帯は、どういうときに使うの?
https://kyo-obi-nishijinya.com/summary/detail/6